VNL バレーボールネーションズリーグ 2021

VNL2021
Photo by FIVB

なんだかんだで今週末からネーションズリーグ(以下VNL)2021の男子大会が今週末から開幕します!(男子大会に先立ち、女子大会は本日5月25日から開幕)

Volleyball Nations League 2021(英語) 

そこで改めて本大会について簡単におさらいしたいと思います。

大会概要

VNLは、国際バレーボール連盟(FIVB)によって従来のワールドリーグに代わり2018年から新設された国際大会です。通常は男女各16チームが世界各国を周りながら試合を行いますが、今年はコロナ感染対策のため、男女ともにイタリア・リミニでの1ヵ所バブル方式で開催されます。

予選ラウンドは1回総当たりで行い、その後上位4チームによるファイナルラウンドで優勝チームが決まります。

2019年ワールドカップ以来、約2年ぶりの大規模な国際大会となります。

大会日程

予選ラウンド:5月28日(金)~6月23日(水)
※3戦3休で5ラウンド
ファイナルラウンド:6月26日(土)、27日(日)

参加チーム(世界ランキング、21.05.30時点)

ブラジル(1)、ポーランド(2)、アメリカ(3)、ロシア(4)、フランス(5)、日本(6)、アルゼンチン(7)、イラン(8)、カナダ(9)、セルビア(10)、イタリア(11)、スロベニア(12)、ブルガリア(14)、ドイツ(15)、オランダ(18)、オーストラリア(21)

日本代表の試合日程

日本代表男子チームの試合日程は以下の通りです。(時間は日本時間)

5月
28日㈮ 20:00~ イラン
29日㈯ 20:00~ オランダ
30日㈰ 22:00~ ロシア

6月
3日㈭ 20:00~ セルビア
4日㈮ 20:00~ ブラジル
5日㈯ 20:00~ フランス
9日㈬ 19:00~ オーストラリア
11日㈮ 02:30~ イタリア
11日㈮ 20:00〜 アルゼンチン
15日㈫ 22:00~ ドイツ
16日㈬ 22:00~ ポーランド
17日㈭ 20:00~ カナダ
21日㈪ 19:00~ ブルガリア
22日㈫ 23:00~ スロベニア
23日㈬ 20:00~ アメリカ

イタリア戦を除けばすべて日本でもあまり無理なく観戦できる時間帯になっています!

視聴方法

TV放送

BS-TBSにて日本戦全試合放送。一部地上波のTBSでも放送されるみたいです。
詳しくは下記リンクから。

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021 メディア情報

6月16日のポーランド戦は生放送、それ以外は録画放送のようです。

ネット配信

Volleyball TVにて全試合生配信(アーカイブもあり)。視聴するためには、Volleyball TVのアカウントと視聴ライセンスが必要です。下記サイト内でアカウントの作成およびライセンスの購入ができます。

https://www.volleyballworld.tv/home(英語のみ)

1デイパス、1ウィークパス、オールアクセスパスの3種類がありますが、2週以上見るならオールアクセスパスがおすすめです。今なら”VNL30″のクーポンコードで、オールアクセスパスが通常19.99ドルのところなんと14.00ドル(約1,500円)で購入できます。僕はもちろんこれで買いました。またアプリを使えばスマホやタブレットでも見れるようですね!

ネット配信の視聴方法については下記記事をご参考ください!

「バレーボールネーションズリーグ2021」ネット配信の視聴方法について!
先週火曜日から女子大会、そして金曜日から男子大会が開幕したバレーボール・ネーションズリーグ、通称VNL。テレビ放送もやっているようですが、主にBS-TBSでの録画放送なので「BS契約してないから見れない!」という人や「BS見れるけど生配信を見たい!」という人は多いのではないでしょうか。そんな不満を消してくれるのが、Volleyball TVによる公式ライブ配信サービスなわけですが、こちらのページが全部英語で日本語に対応していません…。 Volleyball TV そこで今回は、そんな英語はわからないけどネーションズリーグをライブ配信で観戦したい方に、Volleyball TVでの観戦手順を解説したいと思います!

※5月31日追記:上記クーポンコードはもう使用できなくなっているようです。

大会展望

前回の2019年大会は優勝ロシア、2位アメリカ、3位ポーランドという結果でした。しかし、これは2年前の結果でありますし、ここ10年ほど群雄割拠の時代が続いているので優勝予測はとても難しいです。個人的には上記3か国に加え、世界ランキング1位のブラジルとフランスを加えた5チームが優勝争いに絡んでくるのではないかと踏んでいます。本来ならばここに地元イタリアも加えたいところですが、今大会は主力を温存して若手中心のチームとなっていたので今回は難しいそうです。

もちろん個人的にはポーランドを応援します(笑)

日本はというと、ファイナルまで残るのははっきり言ってとても厳しいでしょう。ランキングをみれば参加国のなかでは何故か上位に位置していますが、勝ち越すことすら厳しいかもしれません。2年前のワールドカップのときのように互角や格下には確実に勝ったうえで、格上に対してもいい勝負をしていくことができれば奇跡が起きるかもしれないですね。また高橋藍や大塚など新戦力の活躍にも期待ですね!柳田の分まで大いに暴れてほしいと思います!!

まとめ

今大会は、バレーボールファンが待ちに待った2年ぶりの大きな国際大会で、東京オリンピックの前哨戦でもあります。日本代表はもちろん、世界の強豪チーム同士の対決を2年ぶりに拝めるチャンスでもあります!(あと正直東京オリンピックもどうなるかわからないので、今大会が2021年最初で最後のFIVBの大会になるかもしれませんし…(^^;)

とにかくどの試合も目が離せませんね!

BE PART OF THE GAME!!

コメント

  1. 名無 より:

    5月30日ではなく31日の21時〜ロシア戦ではないですか?

タイトルとURLをコピーしました