柳田将洋がVNL2021メンバーに落選した件について

VNL2021
Photo by FIVB

5月20日、イタリアのリミニで開催されるVNL(バレーボールネイションズリーグ)に登録される男子代表選手17名が発表されました。この間の中国との親善試合と紅白戦で大活躍だった大学生の高橋藍や大塚達宣、WD名古屋の高梨健太、小川智大など初選出メンバーが名を連ねる中、昨年までキャプテンを務めていた柳田将洋の名前はありませんでした。

男子代表 VNL登録メンバー発表 石川祐希主将、西田有志、高橋藍ら17名 柳田将洋は外れる(バレーボールマガジン)

この前に行われていたインタビューにて中垣内監督は、不測の事態がない限りVNLのメンバーから東京五輪代表12人を絞る趣旨の発言をされていたので、柳田の五輪代表の望みは事実上消滅したことになりました。

・・・

・・・

・・・はい、とてもショックです。

バレーボールワールドさんも惜しんでくれていました。

僕は彼の熱烈なファンというわけではありませんが、同い年で代表に残っていた唯一の選手でしたし、高校時代から彼の惚れ惚れするプレーを見ていたので、ずっと応援している選手のひとりでした。少なくとも日本人選手の中では一番応援している選手です。ビュールで試合を見たときにはちょっと話をする機会もあったので、話してみると本当に同い年とは思えないほどしっかりした好青年でそこから更に人としてもファンになりました。なので今回のことは、東京五輪が実際に開催されるかどうかに関わらず、とてもショックを受けました。

確かにこうなる予兆はありました。まず今年の登録メンバーが発表される際に、キャプテンが彼から石川祐希に代わっていました。タイミング的にもとても不可解な主将交代でした。またその後の中国との親善試合にはベンチ入りできず、紅白戦でもあまり出番がありませんでした。

正直、確かに最終的な12人に入るのは厳しいとは思っていました。柳田は、サーブとスパイクなど攻撃力は申し分ないですが、ブロックとレセプションなど守備力には問題がありました。優勝した今シーズンのサントリーでは、国内リーグで相手の高さが低いのもありますし、対角の藤中がレセプションの得意な選手であったので、柳田の守備力不足を補うことができていました。しかし、日本代表では両アウトサイドに攻守のバランスに優れかつそれぞれに高いレベルが求められます。そうなると、日本代表のアウトサイドとしては柳田は理想的な選手とは必ずしも言い難いです。

しかしそれでも彼には絶対的な武器があります。サーブです。サーブと言えば、2019年ワールドカップでサーブ賞を取ったのは日本の西田有志でしたが、柳田も間違いなく日本のビッグサーバーです。そして特に彼は勝負どころで強いサーブを打ち、チームの得点に変えることができる選手です。それはリリーフサーバーとして起用された時でも変わりません。23‐24という相手にマッチポイントを握られている場面でも果敢に攻めることができます。2017年ワールドリーグのスロベニア戦の最後なんか本当に見事でした。

オリンピック代表の12人の中でアウトサイドは4人。ただ国によってはそのうち1人を削ってでもレシーバーとして本来リベロの選手を普通の選手として登録したりします。リオ五輪のときのイタリア代表がそうでした。そんな感じで、リリーフサーバーとしてだけでも彼をメンバーに入れる価値があるじゃないかと思っていました。ここぞという時に相手にプレッシャーを与えるサーブが打てるということは、現代バレーにおいてものすごく価値のあることです。そして柳田は間違いなくそれを持っていると思います。

しかし、現実は落選でした。しかも東京オリンピックを待たずにVNL登録から落選するなんて思ってもみませんでした。リベロの古賀が紅白戦にすら呼ばれなかったのもショックでしたが、柳田についてはここで切られるなんて微塵も思っていなかったので拍子抜けしました。ポーランドリーグ経験者がどっちもいなくなるなんて。あの海外クラブにいて今シーズンはあまり活躍がなさそうだった選手はまだ残っているのに。

確かに昨今のコロナの終息のしてなさを見てみると、次のパリ五輪を見据えたチーム作りも大事になってくるのは確かにわかります。でも、それにしても、VNLくらい帯同させてほしかった。また強豪チーム相手に弾丸サーブをぶち込む彼を見たかった。2019年ワールドカップが見納めだったなんて、ちゃんと目に焼き付けときたかった。

でもこれが現実。難しいでしょうけど、何とか気持ちを切り替えて、これからも選手の高みを目指して頑張ってほしいと思います。願わくばまたポーランドでプレーしてほしいです!応援してます!!

Photo by PLS

コメント

  1. まさし より:

    通りすがりですが。
    本当にその通りですね、弱い点は勿論ありますがVリーグでもここサーブ決めて欲しいって時にSAやナイスコースで何度も試合の流れ変えてたので、やっぱりそういう存在欲しいですよ。
    切る事はもう随分早くから決めてたらしく、若手良い選手達ですがここに来て国際経験無しを起用となると不安を感じてます。
    古賀さん登録だけだったのショックです。
    リベロしてるんですがあの人本当に凄いと思ってるので、やっぱり海外行ったから嫌われたのかなとムカつきと悲しみとです。
    ポーランドもチームはどこも大変と聞いてますが、再び行く事あるのかなぁ
    あったら次は現地観戦したいです
    コメント失礼しました

    • toshikitoshiki より:

      コメントありがとうございます。
      若手が世界相手にどう活躍してくれるかはVNLでわかると思うのでその結果次第ですね。
      リベロの選出についてですが、流石にそんな個人的な感情で選手を選んでいるわけではないと思います。古賀選手本人も言っていましたが、日本のリベロはとてもレベルが高く、確かに海外経験やリーダーシップという点では彼に軍配が上がると思いますが、技術などそれ以外の点で間違いなく彼が一番優れているかというとはっきりとはわかりません。初選出の小川なんかはかなり能力が高いと思いますし、フランスのグレベニコフを手本にしているようなので期待しています。グレベニコフは、生でもプレーを見ましたが、世界ナンバーワンリベロですよ。
      正直、海外クラブでは日本のチームよりもレセプション能力をかなり求められると思うので、今のままだとまたポーランドなど世界のトップリーグでプレーすることは厳しいと言わざるを得ません。実際、ケガもありましたが、ポーランドリーグは続かなかったですからね。ただこのままVリーグでプレーする姿を見たくはないですし、ドイツとかフランスでもいいからまたヨーロッパでプレーしてほしいですね。

      • まさし より:

        言葉足らずだったなと思ったので補足です。
        身内が他競技の協会にいますが、感情というより派閥とかもっと政治的な理由で選考は変わるものと聞いたので、柳田さんについては今回若手が通用するか確認する前、リーグ中には選考落ち決めてた的な事を関係者の方が言ってたので、いつもの闇の力あったのかなと邪推しました。
        古賀さんについても以前から選考問題になってますし…
        あとなにより、縁あって協会の方と雑談した時古賀柳田の名前出た時露骨な嫌悪感出された事があって、それも妄想に拍車をかける所以です。
        あくまで組織には大人の事情付き物だからって想像でしかなくそうだと決めつけるつもりはないですし、両選手のいい点悪い点も理解できそこが理由ってのも分からなくないと思ってます!
        グレベニコフが手本なんですね!自分も憧れの選手です。小川選手リーグでもいい動きだったのでとても期待してます。

        自分は今日本バレーの末端にいるのでそういう意味では柳田さんにはVにいて欲しいですけどね。
        コーチもしてるのですが子ども達への影響力もありトップリーグへの興味からバレー熱も高まってて、そういう存在有り難く、実際Vも盛り上がったらしいので。
        古賀さんについては個人的にはポーランドでの活躍また見たいですね!
        その時は現地観戦したいですし、そんな世の中にはやくなって欲しいなと思ってます。

        • toshikitoshiki より:

          政治ですか。やっぱりどの世界もいろいろあるんですね。

          現地観戦は本当に最高です!たとえ日本人選手がいなくても是非一度ポーランドもしくはイタリアリーグを見てみてください!本当に行くことになれば相談していただければいろいろお答えできると思います。本当に早く前のように観戦できるようになってほしいですね。

          • まさし より:

            具体的な目処がたった時はよろしくお願いします!
            スポーツを巡るヨーロッパ旅もいいですね。

            あと、1コメ目のポーランドのチーム大変そうは財政面の事でした。
            ビュールの撤退などを聞いたので…
            柳田さんの話でしたら、ポーランドからの話もあったけど総合的に判断してドイツにしたと聞きました。
            噂では英語圏じゃなかったのも嫌だったとか(笑)
            聞いた話なので本当か分かりませんが。
            長々とコメント失礼しました。
            ありがとうございました!

          • まさし より:

            訂正です!
            ビュールはドイツでした!
            海外事情疎いのでちょっと勘違いしてました…
            財政大変そうなのはブンデスリーガでした、大変失礼しました!

タイトルとURLをコピーしました