インタビュー

【動画あり】山本智大「(ベストリベロ賞は)小川選手が1番喜んでくれた」バレーボールネーションズリーグ男子2024準優勝インタビュー

あわせて読む

トシキ: 銀メダルおめでとうございます。今の気持ちはどうですか。

山本: 本当に非常に悔しい結果になりましたし、本当にチームとしては戦えてた部分はあったんですけど、本当に細かい部分がフランスとの差だと感じたので、そういう細かい部分の1点を取れるか取れないかで、オリンピックで金メダル取れるかれないかも変わってくると思うので、そういう細かいプレーの修正をまたオリンピックまでにしていきたいなと感じました。

トシキ: 細かい部分というのは、具体的に例えばどういうところでしょうか。

山本: リベロとしては、レセプション1本にしてももうちょっとネットに付けられるとか、ディグ1本にしてももうちょっとコート内にコントロールできるとか、フリーボールも質がちょっとよくできるとか、そういう1本が非常に感じられたので、もちろん僕だけじゃなくてチーム全体でやっていかなければいけないことだなと感じました。

トシキ: 今日はどういうディフェンスの狙いとか戦略で臨まれたのですか。

山本: 今日は昨日同様にやっぱりオポジットのパトリィ選手がキーになってくると思ったので、(彼の)ライン(ストレートスパイク)を今日2本を拾いましたし、そういう僕のコースに打たせて取るというのと、あとはしっかりレフトの選手を抑えるっていうのが課題だったんですけど、今日はクレヴノ選手は抑えられたんですけど、控えから入ってきたティリ選手に結構やられた部分があったんで、そういう違う選手が入ったときた時にどういう対応ができるかというのも、また1つ課題かなと感じます。

トシキ: 3セット目、点差が開いてから控えの選手がコート入って、その中であわや逆転でセットを取りそうなところまで行きましたが、あの時はコートの中で何が起きていたのでしょうか。

山本: 僕は最初からコートに入っていた人間なので、控えの選手たちには「こういう劣勢の時はしょうがないから、もう思い切って楽しんで(点数が)決まったら走っていこう」という声がけをして、のびのびプレーしてくれましたし、本当に1人1人持ってるものを最大限に発揮してくれたかなと感じました。

トシキ: ベストリベロ賞を取られたということで、今回は(フランスの世界ナンバーワンリベロの)グレベンニコフ選手じゃなくて山本選手の勝ちといことでいいのでしょうか(笑)。

山本: 勝ってるかどうかわかんないですけど(笑)、賞をもらえたことは非常に嬉しいですし、僕1人で成し遂げられたことじゃなくて、やっぱこう今まで切磋琢磨してきた小川選手の存在が1番大きくて、ここまで毎日高め合いながら練習してきましたし、もう本当に賞を取って小川選手が1番喜んでくれたので、本当に感極まるところがありました。

トシキ: もうパリオリンピックまで残り1か月を切ったと思いますが、この短い期間の中で、特に個人としてどういうところを詰めていきたいと思いますか。

山本: 個人としては、レセプションの部分でインターバル(レシーバーの間)のポイントは絶対になくすのと、あとはディフェンス面でもっともっと拾えるボールがあると思うんで、そういうとこでやっぱこう1本でも2本でも多く拾って、 やっぱ攻撃に繋げられれば点数を取れる人間はたくさんいるので、そういうなんだろうな、自分がコントロールできる部分をしっかり、もっと精度を上げていくというのを課題にしてやっていきたいと思います。

トシキ: 頑張ってください。ありがとうございました。

Photo: 筆者撮影

-インタビュー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,