西田有志がイタリアに移籍!新チームはどんなチームなのか?!

ついに日本代表オポジット西田有志選手のイタリア・セリエAへの移籍が正式に発表されました!この噂は今年の早い段階で既に広まっており、僕も5月に記事でこの移籍について紹介しましたが、先日の東京オリンピックを終えた段階で正式発表となりました。

日本人選手の海外移籍情報 2021/22シーズン
時期としましては、2020/21クラブシーズンが終わってナショナルチームの活動が始まったばかりですが、ちょいちょい来シーズンの日本人選手の移籍情報などが出回っていますのでちょっとお知らせできればと思います。 石川祐希 → ミラノ(イタリア...

移籍先のチームはトンノ・カッリポ・カラブリア・ヴィボ・ヴァレンツィア(Tonno Callipo Calabria  Vibo Valentia、通称ヴィボ・ヴァレンツィア)。背番号は「」、シャツネームは「YUJI」となることも正式に発表されました。

オポジットとしては日本人初のセリエA選手になります。また同時期にセリエAで日本人選手が複数名いるシーズンもおそらく初だったと思います(間違っていたらごめんなさい)。また186㎝のオポジットはもちろんリーグ最少ですし、イタリアセリエAの歴史上にもこんなに小さなオポジットはなかったんではないでしょうか。今や日本のみならず世界からも注目される男、それが西田有志選手です。

ヴィボ・ヴァレンツィアはどんなチーム?

西田選手が今回移籍するヴィボ・ヴァレンツィアについて簡単に紹介します。ヴィボ・ヴァレンツィアはその名のとおりイタリア南部カラブリア州にある都市ヴィボ・ヴァレンツィアをホームタウンとするクラブチームです。セリエA全13チーム中、イタリア南部の都市をホームとするのは2部から昇格してきた新規参入のタラントとヴィボ・ヴァレンツィアの2チームのみです。

ヴィボ・ヴァレンツィアの位置。「長ぐつ」のつま先あたり。

ヴィボ・ヴァレンツィアは、1993年に設立され2004/05シーズンにセリエA1に初昇格。その後2度A2への降格を経験しましたが、2016/17シーズンからはまだ降格はありません。それでもチームの成績はよくはなく、2度目の昇格後も10位前後でプレーオフに進めないシーズンが続きます。昨シーズンこそフランス代表のロサールやアメリカ代表のデファルコらの活躍でレギュラーシーズン5位の好成績で終えてプレーオフに進むも、プレーオフでは調子が振るわず最終成績8位でシーズンを終えました。来シーズンこそはプレーオフを勝ち進んで、欧州チャンピオンズリーグの出場権を獲得したいところでしょう。

メンバー

ヴィボ・ヴァレンツィア2021/22シーズン登録メンバーは以下の通りです。

2.西田有志 OP 186㎝ (日本)
3.ダヴィデ・ルッソ L 180cm
4.ジョヴァンニ・ガルギウロ MB 206cm
5.マウリシオ・シルヴァ OH 199cm (ブラジル)
7.ファビオ・ビーシ OP 202cm
8.ダヴィデ・サイッタ S 189cm
9.ダヴィデ・カンデラーロ MB 200cm
10.ルカ・バシック OH 201cm (フランス)
11.マルコ・リッツォ L 185cm
13.フラヴィオ・グアルベルト MB 200cm (ブラジル)
14.ダグラス・ソウザ OH 199cm (ブラジル)
15.ピエール・パルテニオ S 197cm
16.アルベルト・ニコットラ OH 195cm

監督 ヴァレリオ・バルドヴィン

ヴィボ・ヴァレンツィアは昨シーズンからチームを一新していて、西田選手を含めた今シーズン登録の13人中10人が新加入の選手です。西田選手以外に注目なのがブラジル代表、いわゆる「セレソン」の3人。東京オリンピックにも出場したアウトサイドヒッターのマウリシオダグラス、そしてネーションズリーグで活躍したものの惜しくも五輪出場を逃したミドルブロッカーのフラヴィオです。特にアウトサイドのダグラスは西田と共にチームのポイントゲッターとなるでしょう。またこれにイタリア代表経験のあるミドルのカンデラーロ、セッターのサイッタ、リベロのリッツォが加わった7人がスタメン候補として有力です。ベテランのイタリア人選手が支え、西田と「カナリヤ軍団」が暴れまくる。これが新シーズンのヴィボ・ヴァレンツィアとなりそうです。

ブラジル代表のダグラス

また監督のバルドヴィン監督も、石川祐希選手がパドヴァ時代にパドヴァを率いた監督で、日本人のメンタリティを少なからずわかっておられる監督さんだと思います。

それにしてもやはりこうして見ても西田選手の身長は低いですね。スパイカーはもちろんセッターよりも低い。リベロのリッツォともいい勝負です。でも彼は跳べますからね。そんなの関係ないですね。

石川祐希選手との対戦はいつ?2021/22シーズンのスケジュール

来シーズンのセリエAのスケジュールは既に公式ホームページに載っています。

Lega Pallavolo Serie A

これを見るとヴィボ・ヴァレンツィアと石川祐希選手が所属するミラノの対戦日は、

11月3日(水)現地時間18:00~ 会場:ヴィボ・ヴァレンツィア
1月9日(日)現地時間18:00~ 会場:ミラノ

というスケジュールになっています。ただこのスケジュールはあくまで仮のもので、今後変更が十分あり得ますのでご注意ください。

ただセリエAでの日本人対決なんて本当にワクワクしますね!!!

ぜひ会場で見たいところですが、このご時世ですし海外旅行はまだまだ厳しいと思います…。しかしそんなあなたに朗報です。来シーズンからセリエA全試合が、今年のネーションズリーグでもお世話になったVolleyball TVでの配信が決定しています!!!またこちらについては追加情報あり次第、視聴方法の解説記事を上げたいと思います。基本的にはVNLのときと変わらないと思います。

「バレーボールネーションズリーグ2021」ネット配信の視聴方法について!
先週火曜日から女子大会、そして金曜日から男子大会が開幕したバレーボール・ネーションズリーグ、通称VNL。テレビ放送もやっているようですが、主にBS-TBSでの録画放送なので「BS契約してないから見れない!」という人や「BS見れるけど生配信を見たい!」という人は多いのではないでしょうか。そんな不満を消してくれるのが、Volleyball TVによる公式ライブ配信サービスなわけですが、こちらのページが全部英語で日本語に対応していません…。 Volleyball TV そこで今回は、そんな英語はわからないけどネーションズリーグをライブ配信で観戦したい方に、Volleyball TVでの観戦手順を解説したいと思います!

新シーズンが待ち遠しいイタリアセリエA!要チェックです!逆にVリーグはスター選手を一人失うことになりましたが、西田選手の抜けた穴を埋めてくれるであらうジェイテクトの新星オポジット・宮浦選手の活躍も楽しみですし、今後も海外トップリーグへ羽ばたく選手をどんどん輩出してほしいと思います!上が詰まってると伸びる芽も育たないですからね!とにかく頑張れ「YUJI」!!!!

写真:FIVB

コメント

タイトルとURLをコピーしました