バレーボール

ラッセル「日本に行ってプレーするのが待ちきれません」

バレーボールの2022男子世界選手権は30日、スロベニアとポーランドで第1次ラウンドの試合が行われた。C組では世界ランキング1位のポーランドと同6位アメリカの優勝候補同士が早くも激突。ホームという地の利を得ていたポーランドが3-1(23-25、25-21、25-19、25-21)で勝利し、第1次ラウンドを3勝0敗の1位で通過を決めた。敗れたアメリカも2勝1敗の2位で決勝トーナメントに進出する。

今回は惜しくも敗れたアメリカチームから、来シーズンJTサンダーズ広島でプレーするアーロン・ラッセル選手のコメントをお届けする。

-今日の試合はいかがでしたか?

ポーランドがとてもよかったです。彼らがサーブでプレッシャーをかけてきたので、サイドアウトを取るのがとても難しかったです。思うにディフェンスはずっと自分たちの課題です。しかしどのチームにとってもポーランドでポーランドと戦うのはそもそもとても難しいことです。

ーポーランドとの違いは何だったのでしょうか?

サーブですね。サーブがとてもよかった。正確なデータはわかりませんが、相手はサイドアウトもとてもよかったと思います。とにかく次の対戦相手は明日わかるので、自分たちがどのチームと当たるのか見守りたいと思います。

―JTサンダーズ広島への移籍について、移籍を決めたのはいつですか?

今年の2月です。

―日本のVリーグでプレーすることは前から興味があったのですか?

はい。日本で試合がある時はいつも楽しくプレーできてましたし、2015年のワールドカップで初めて日本でプレーし、そのあとのグラチャンにも参加しました。毎回日本の人々、ファンの人たちにとても良い印象を受けていました。いつも彼らは私を応援してくれ、試合後サインをするときにたくさんのメッセージをいただきます。そんなサポートにとても感謝していますし、日本に行ってプレーするのが待ちきれません。今は世界選手権のことで頭がいっぱいですが、そのときは必ずやってきます。

-バレーボール
-, , , , , ,