バレーボール

世界選手権3位決定戦コメント ブルーノ(ブラジル)「最後の試合に勝つことができてとても嬉しいです」

バレーボールの2022男子世界選手権は11日、ポーランドのカトヴィツェで3位決定戦が行われ、ブラジルが3-1(25-18、25-18、22-25、25-18)でスロベニアに勝利し銅メダルを獲得した。ブラジルは7大会連続での世界選手権メダル獲得となった。

ブルーノ・レゼンデ(ブラジル)

―銅メダルおめでとうございます。

最後の試合に勝つことができてとても嬉しいです。銅メダルですが、このチームはそれに十分に値します。今年はとても難しい年でした。多くの怪我人を抱えました。しかし諦めませんでした。ですので今はとても素晴らしい気分です。

―今シーズンは初戦を除いてベンチスタートでした。

私は自分の役割を理解しています。一番大切なのはチームでありブルーノではありません。チームが私を必要とするときには、自分ができることはなんでもやるようにしています。一番大切なことはブラジルチームの勝利です。ブルーノのためではなく、レアルのためではなく、ウォレスのためではなく、チームの勝利のためです。だから私は満足しています。

―これまでとはどのような役割の違いがありましたか。

コートの外にいるときはより冷静でいなけれないけません。コートに入るときによくその状況を理解してチームを助けなければならないからです。またフェルナンド(今大会主にファーストセッターとして活躍)のサポートも私の役割でした。彼は私より若く、また素直に彼を助けたいので、彼の成功のために様々なサポートをしていました。

―今大会のフェルナンド選手はどうでしたか。

彼は素晴らしかったです。彼は良いプレーができていましたし、世界のベストセッターのひとりになれる可能性を見せてくれました。

―日本のファンに向けてメッセージをお願いします。

日本のファンの皆さんこんにちは!ブルーノです!銅メダルを獲得することができました! アリガトウ!サヨナラ!

写真:FIVB

-バレーボール
-, , , ,