美人バレーボール選手ベスト7 from VNL2021

イケメンチームを作ったので、美人チームも作ってみたくなりました(笑)。
そこで今回のネーションズリーグ女子大会の登録選手の中からポジション別に7人選抜しましてドリームチームを組んでみました!イケメン選手と同じく美人選手も多いので選ぶのには苦労しました…。本人のインスタも紹介してますよ!

アウトサイドヒッター①:リナ・アルスマイヤー(ドイツ)

2000/06/29(20歳) 189㎝/ 305cm SCCパルムベルグ・シュベリーン(ドイツ)

まずはドイツの攻守の要、アルスマイヤー。189㎝と高身長で、攻撃はもちろんレシーバーランキングでもVNL2021で4位になるほど守備力も魅力。昨シーズンのドイツスーパーカップではチームの優勝に大きく貢献してMVPも獲得した実績も持っています。まだ日本の籾井と同じ20歳なのでこれから更なる成長が期待される選手ですね。普通にモデルみたいな選手ですね。

 

アウトサイドヒッター②:ヒラリー・ハウ(カナダ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Hilary Howe (@hilary_howe)

1998/06/16(23歳) 186㎝/ 315㎝ ベジエ・バレー(フランス)

こちらもカナダ期待の若手。最高到達点315㎝の高いジャンプ力が魅力。まだ国際経験が少なく、今回のVNL2021ではあまり結果を残すことができなかったですが、今年大学を卒業してフランスの強豪ベジエでプロデビューすることが決まっているので、ここから更にレベルアップしてほしいと思います。双子の弟もバレーボーラー。美人ですけど、なんか同姓にもモテそうなカッコよさがあります。

 

ミドルブロッカー①:ゼフラ・ギュネシュ(トルコ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zehra Gunes (@zehragns18)

1999/07/07(21歳) 194cm/ 309cm ワクフバンク・イスタンブール(トルコ)

トルコの若手ミドル。とは言っても18歳のころからシニア代表として活躍しているので21歳で代表歴3年の実力派です。VNL2021のファイナルこそ出場機会はなかったですが、予選では高さのあるブロックを見せてくれました。所属するワクフバンクはかつて日本の木村沙織も所属したことがある世界的名門クラブで、今年のトルコリーグも制覇しています。ヨーロッパとアジアがうまく融合したトルコ美人らしいトルコ美人。

コメント

タイトルとURLをコピーしました