バレーボール 海外クラブ

シエナ 2022/23

2022年10月16日

2021/22シーズン成績

リーグ A2 9位

監督

パオロ・モンタニャーニ(イタリア)

登録選手

アウトサイドヒッター

#3 マールテン・ファンハルデレン 1990 200 オランダ
#4 ネマンヤ・ペトリッチ(C) 1987 202 セルビア
#7 ジャコモ・ラファエッリ 1995 198 イタリア
12 スワン・エンガペ 1992 188 フランス

ミドルブロッカー

#2 ファビオ・リッチ 1994 205 イタリア
#8 オマル・ビグリーノ 1995 198 イタリア
18 ダニエレ・マッゾーネ 1992 208 イタリア

オポジット

#1 ジュリオ・ピナリ 1997 199 イタリア
11 フェデリコ・ペレイラ 1988 200 アルゼンチン

セッター

#9 リカルド・ピネッリ 1991 190 イタリア
10 ファン・イグナシオ・フィノリ 1991 189 アルゼンチン

リベロ

#6 フェデリコ・ボナーミ 1993 183 イタリア
13 フィリッポ・ポチーニ 1989 185 イタリア

主なスタメン

OH:ファンハルデレン、ペトリッチ
MB:オマル、マッゾーネ
OP:ピナリ
S:フィノリ
L:ボナーミ

チーム紹介

昨シーズンはA2で9位だったが、A2で優勝したレッジョ・ネレミリアからスーペルリーガ昇格権を譲渡される形で今シーズン再昇格を果たした。かつて石川祐希が2018/19シーズンに所属していたチームとしてもおなじみ。

A29位からの昇格であったこともあり、選手は昨シーズンから総入れ替えとなったので寄せ集め感は否めない。それでも元チームメイト(特に元モデナ)だった選手も多いのでそこは大きな問題ではないだろう。

シエナには絶対的なエースはおらず、サイドの3選手(ピナリ、ファンハルデレン、ペトリッチ)がほぼ均等に得点を重ねるチーム。

個人的にはその中でもオポジットのピナリに注目したい。今年の世界選手権で優勝したイタリア代表メンバーのひとりであるが、代表では控えであったし、更に昨シーズン所属していたトレントでもなかなか出場機会に恵まれていなかったため、このシエナ存分に暴れまわってくれることを期待している。イケメンでもあるし(笑)。

またキャプテンのペトリッチは経験豊富なセルビア代表アウトサイド。攻撃の他レシーブ、そしてメンタル面でもチームを支える。モデナでは石川祐希とチームメイトだったこともあり、車のない石川をよく送り迎えしてくれていたらしい。

あとセッターのフィノリは他のアルゼンチン人セッターに負けず劣らずミドルへの配球が多く、特に元イタリア代表ミドルのマッゾーネには積極的にトスを送っているので、今後さらにコンビネーションの質が高まっていくとここのラインは手ごわいものになっていくだろう。

また監督のモンタニャーニはかつて日本のサントリーサンバーズの指揮をとったことのあるイタリア人監督である。

オポジットのピナリ

ホームアリーナ

Palasport Mens Sana PalaEstra

Viale Sclavo 12 53100 - Siena (SI)

写真:Lega Pallovolo Serie A

-バレーボール, 海外クラブ
-, , ,