インタビュー

ポーランド代表シリフカ「パリ五輪での目標はメダル、何色とは言わない、ただ目の前の試合にフォーカスするだけ」バレーボールネーションズリーグ男子2024、3位決定戦後インタビュー

トシキ: 今の気分はどうですか。

シリフカ: いい気分です。ホームのファンの前で銅メダルを取れたのでハッピーです。彼らにエネルギーを与えて、そしてまた彼らからエネルギーを与え返してもらうことは私たちにとってとても大切なんです。なのでこのポーランドでプレーするときはいつもすばらしい。ファンもこのメダルに値する働きをしてくれました。

トシキ: 昨日の準決勝はベンチから外れていたと思いますが、昨日の試合はどう見てましたか。

シリフカ: ベンチ外で座って見ているのはとてもストレスフルでした。チームに対して何もできない、何も助けられなかったからです。昨日の試合はかなりストレスがかかる接戦で、とても厳しいものでした。それを受けた今日の自分たちのリアクションが大事だったのですが、大きなエネルギーと集中力を持って今日の試合をコントロールすることができましたか。

トシキ: 今日の相手はよくポーランドに勝っているスロベニアとの試合だったので特別なプレッシャーがあったのではないですか。

シリフカ: スロベニアは世界のベストチームのひとつなので私たちだけが苦手にしているわけではありません。ここ数年スロベニアとは多くのタフな試合を演じできたのは間違いないですが、私は彼らをリスペクトしています。スロベニアは本当に本当に本当に素晴らしいチームです。今日の試合は多くの試合の中のひとつで、特別に何かプレッシャーのかかるものではありませんでした。どこが相手だろうと、世界最強チームが相手だろうと、私たちは自分たちのことに、自分たちのコートで起こることにフォーカスしてベストを尽くすだけです。このアプローチはいつも良い結果をもたらします。今日もそれで勝つことができました。

トシキ: 明日からパリオリンピックに向けた最終準備に入るわけですが、チームとしてどの要素をいちばん改善していきたいですか。

シリフカ: すべての要素を改善できます。私たちはほとんど完成されたチームで、特に弱い要素はなくどのバレーボール的要素もよいと思います。ただそれらを組み合わせてパリオリンピックへのベストな形にしていくだけです。またメンタル面もとても重要なってくるので、より良いチームになるためにすべての要素を詰めていきます。当然コーチングスタッフはすべての試合データを分析するので、どの要素が良くてどの要素が良くなかったかを知ることになるでしょう。それを元にまた練習していきます。

トシキ: オリンピックでの目標は何ですか。どの色のメダルですか。

シリフカ: それを口にするのは難しいですね。私たちの夢はあの場所でメダルを手にすることです。オリンピックは12チーム中ランキングトップ11チームが参加するので、厳しい大会になることはわかっています。本当にタフな大会になるでしょうが、私たちは強いチームで、その能力に自信を持っています。ゴールはメダルを掴むことです。もちろん「金メダルを目指す」と言うことはできますが、私たちはより良くなり続けるプロセス、もっと先の未来ことではなく目の前の試合一戦一戦にフォーカスしています。

下記バナーをクリックして無料トライアル👇

ネーションズリーグのネット視聴に関する詳しい解説はこちら↓

Photo: 筆者撮影

-インタビュー
-, , , , ,