インタビュー

アルゼンチン代表ロセル「今回の敗戦はとても悔しい」「(日本とも当たるパリ五輪について)とても難しいでしょう」バレーボールネーションズリーグ男子2024準々決勝後インタビュー

トシキ:今日の試合を振り返っていかがですか。

ロセル: 勝てた試合でした。今の試合について話そうとすると、(負けた直後で)とても怒っているので…。

しかし数日休息をとって、そのあとオリンピックのことについて考えようと思います。今年最も大事なことなので。

しかし難しいです。今回の敗戦はとても悔しいです。

トシキ: パリ五輪の予選プールについてはどう思いますか。

ロセル: とてもタフになると思います。私たちは日本、ドイツ、そしてアメリカと戦わなければいけません。(予選突破は)とても難しいでしょう。

私たちはいいチームですが、ときどきよくない瞬間があり機能を失います。なのでこれから約1ヶ月のあいだ努力を続ける必要があります。そして良くなった状態でオリンピックに臨めることを願います。

トシキ: オリンピックでよい結果を掴むために特に何がカギになると思いますか。

ロセル: 細かい部分です。まだやってはいけないミスを重ねてしまうときがあります。集中力の問題かどうかはわかりませんが、その瞬間により集中する必要があります。

チームには才能ある選手たちがいますし、大きなことを成せる力はあると思いますが、まだいくつか改善する必要があります。

トシキ: オリンピックでは日本とアルゼンチンのすばらしい試合が見れることを楽しみにしています。

ロセル: ええ。ただ今回の準決勝でも戦えたらよかったですね。

あわせて読む

下記バナーをクリックして無料トライアル👇

ネーションズリーグのネット視聴に関する詳しい解説はこちら↓

Photo: 筆者撮影

-インタビュー
-, , , ,