インタビュー

石川祐希「カナダは非常に力をつけてきたチームなので、1回も気を抜くことができなかった」バレーボールネーションズリーグ男子2024準々決勝カナダ戦後インタビュー

トシキ: 今日の試合を振り返っていかがですか。

石川: 3-0でしっかり勝てたので良かったですし、カナダは非常に力をつけてきたチームなので、1回も気を抜くことができなかったです。本当に隙を見せたら、1セット目もそうですし、リードした展開でも簡単に追い上げられてしまうので、 いい経験になったと思います。

また1セット目はもう本当に1点、2点の差で勝っただけですけど、もっと集中というか、自分たちのことでもうちょっとフォーカスしなければいけないところもあったので、そこはいい反省ができたと思います。

(カナダにフルセットで敗れた)フィリピンでは少し自分たちのレセプションが良くなかったことと、攻撃でシャットを食らう、被ブロックが少し多かったので、そこが修正できたかなと思います。

あとはカナダの攻撃に対してうまくこちらがブロックディフェンスで対応できたっていうところが、今日の1つの勝因だったかなと思います。

トシキ: 個人のパフォーマンスを振り返っていかがですか。

石川: そうですね。まあ悪くはなかったと思いますけど、スパイクでもシャットされたりとか、レセプションでも少しミスがあったので、そこをしっかりともうちょっと修正しなければいけないなと思います。

攻撃だったりサーブ、サーブに関してはこのネーションズリーグは非常にいい形で入れてるので、そこは継続していく必要はあります。

ブロックも今日は良かったかなと思います。ブロックも今課題に上げてることのひとつなので、その結果が出つつあるのかなと思います。

トシキ: 昨年のネーションズリーグファイナルから約1年ぶりにこのポーランドに戻ってこられたと思いますが、改めてポーランドの印象はいかがですか。

石川: 非常に過ごしやすい国だと思いますし、バレーボールに非常に熱が入ってる国なので、ここでプレーできることは僕たちも嬉しく思っています。

あわせて読む

下記バナーをクリックして無料トライアル👇

ネーションズリーグのネット視聴に関する詳しい解説はこちら↓

Photo: 筆者撮影

-インタビュー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,