インタビュー

【動画あり】山本龍「変えられて悔しい…」バレーボール男子ルーマニアリーグ試合後インタビュー

ルーマニア男子バレーボールリーグ第16節、山本龍所属のディナモ・ブカレストは現地時間2月3日(土)にステアウア・ブカレストと対戦し、2-3(25-20, 17-25, 24-26, 25-22, 8-15)で敗れた。

ブカレストダービーとなったこの試合はステアウア・ブカレストのホームで行われた。最大収容人数1000人程度の小さな体育館であったが、ステアウアファンのアツい声援に会場が包まれていた。

山本はこの試合で先発出場果たし、パイプ攻撃もうまく絡めた多彩なトス回しで相手ブロッカーを翻弄してディナモが危なげなく25-20で第1セットを先取。

しかし徐々にステアウアのブロッカーがそれに対応し始め、5本のブロックポイントを決めたステアウアが第2セットを17-25と大差で取る。

第3セットは接戦となるなか終盤まではディナモがリード。しかしブロック強化を兼ねてか23-22の場面で山本が控えセッター、バトラー(オーストリア、身長198cm(山本は185cm))と交代させられると、そこから逆転を許して24-26でステアウアがこのセットを取る。

第4セットはそのままスタートからバトラーが起用されて山本はベンチに。OPバルバスト(イラン)の活躍などで25-22でなんとかセットを取ってフルセットに持ち込んだ。

しかし第5セットは序盤からステアウアのサーブにやられて8-15でステアウアが取り、2-3でディナモ・ブカレストはステアウア・ブカレストに敗れた。

試合の映像はこちらから視聴できます(無料)。

山本龍選手インタビュー

T:試合をふりかえっていかがですか。

山本:今日はスタートから出させてもらったんですけど、1セット目にいい流れでセットを取って、そこから自分の特徴を試合の中で相手の選手に読まれる場面があったんですけど、そこと勝負時のワンポイントの取り方、1点の取り方を3セット目までに修正できませんでした。そこを修正できていれば、もっと楽な展開になったのかなと思います。

T:今日は元々、どういう組み立てで行こうと思われていましたか。

山本:そうですね、真ん中(からの攻撃)を意識してるんですけど、Aパスときは特にコミット(ブロック)が多いので、そこは早いサイド使うという意識と、パイプを使うことを意識しました。

T:試合中に監督やコーチからよく指示を受けていたように見えましたが、どんなことを言われていたのですか。

-インタビュー
-, , ,