バレーボール 海外クラブ

モデナ 2022/23

2022年9月29日

2021/22シーズン成績

コッパイタリア 5位
リーグ 4位

CEVカップ 9位

監督

アンドレア・ジャーニ(イタリア)

登録選手

アウトサイドヒッター

#3 ロレンゾ・ポープ 2001 205 オーストラリア
#4 ニコラ・マレシャル 1987 198 フランス
#9 エルヴィン・ヌガペト 1991 194 フランス
90 トマッソ・リナルディ 2001 200 イタリア

ミドルブロッカー

#6 ジョヴァンニ・サングイネッティ 2000 202 イタリア
#7 ドラガン・スタンコヴィッチ 1985 205 セルビア
11 トビアス・クリック 1998 211 ドイツ
15 エリア・ボッシ 1994 202 イタリア

オポジット

10 ロレンツォ・サーラ 2002 200 イタリア
12 アディス・ラグムジア 1999 211 トルコ

セッター

#1 ブルーノ・レゼンデ(C) 1986 190 ブラジル
16 ニコラ・サルシ 1997 186 イタリア

リベロ

#5 リカルド・ゴッリーニ 2000 194 イタリア
21 サルヴァトーレ・ロッシーニ 1986 184 イタリア

主なスタメン

OH:ヌガペト(フランス)、リナルディ(イタリア)
MB:スタンコヴィッチ(セルビア)、クリック(ドイツ)
OP:ラグムジア(トルコ)
S:ブルーノ(ブラジル/ イタリア)
L:ゴッリーニ(イタリア)

チーム紹介

「ビッグ4」の中では近年一番結果を出せていないモデナ。昨シーズンは大型補強を図ってタイトル獲得に挑んだが、国内リーグとカップ戦はおろか、優勝の可能性が高かったCEVカップでも格下のフランスチームに敗れるなど辛酸をなめた。

チームの顔であるアウトサイドヒッターのヌガペト(フランス)とセッターのブルーノ(ブラジル/ イタリア)は今シーズンも健在。特にヌガペトのマジカルなプレーは今年も必見だ。

新戦力として注目なのがオポジットのラグムジア(トルコ)。世界選手権でもトルコ代表決勝トーナメント進出の大きな原動力となった大砲だ。またレンタル移籍から帰ってきた若手サイドのリナルディ(イタリア)も今季のモデナのカギとなる選手だろう。

スターターには例年通り骨のあるメンバーが揃っているが、他のBIG4のチームに比べると控えの層の薄さが気になるところではある。今シーズンはトップ4からの陥落も心配されているが、若手とベテランが上手く融合できれば今年も上位進出、そしてタイトルも十分狙えるだろう。

若手注目株のリナルディ。ご覧の通りイケメンである。

ホームアリーナ

PalaSport G.Panini

Viale dello Sport, 2541100 - Modena (MO)

写真:Lega Pallavolo Serie A

-バレーボール, 海外クラブ
-, , , , , ,