オーストラリア男子-VNL2021

世界ランキング21位で今大会の参加国の中で最もランキングが低いのがオーストラリアです。アジアでは上位の存在ですが、エドガー(現JTサンダース)が代表を去ってからは大きな舞台でなかなか結果を残せていません。この大会では次のパリ五輪を見据えてか若手を多く起用し、世代交代を図っています。

近年の主な成績

FIVB世界ランキング 21位
東京オリンピック 不参加

2019
ワールドカップ 11位
VNL 13位
アジア選手権 2位

2018
世界選手権 14位
VNL 13位

今大会の成績

※6日目終了時点

vsドイツ ●0-3
vsブルガリア ●0-3
vsフランス ●1-3
vsポーランド ●0-3
vsロシア ●0-3
vsアメリカ ●0-3

0勝6敗 0ポイント 16位

登録メンバー

#1 ビアー・グラハム MB,OP/ 27/ 202/ 351
#2 アルシュディープ・ドサンジ S/ 24/ 205/ 347
#3 スティーブン・マクドナルド MB/ 23/ 207/ 351
#7 ジェームズ・ウィアー MB/ 25/ 204/ 355
#8 トレント・オデア MB/ 27/ 201/ 354
11 ルーク・ペリー L/ 25/ 180/ 331
12 ネヘミア・モーテ MB/ 27/ 204/ 362
15 ルーク・スミス OH 30/ 204/ 360
16 トーマス・ダグラス OH/ 28/ 194/ 356
21 ニコラス・ブットラー S/ 23/ 198/ 345
27 マックス・セニッツァ OH/ 20/ 191/ 349
28 ティム・テイラー OH/ 26/ 195/ 360
29 イーサン・ガレットOH/ 20/ 195/ 350
31 マシュー・アウブリー OP/ 23/ 207/ 354
32 エリオット・アゼース OH/ 22/ 190/ 360
33 サム・フラワーデイ OH/ 19/ 191/ 354
34 ビリー・グレバー L/ 18/ 183/ 318

ヘッドコーチ マルコス・ミランダ(ブラジル)

平均年齢:23.9歳
平均身長(リベロ除く):199.2cm
平均最高到達点(リベロ除く) : 353.9cm

主なスタメン

OH2 15スミス
OH5 28テイラー
MB3 12モーテ
MB6 8オデア
OP 1グラハム
S 2ドサンジ
L 11ペリー

注目選手:15ルーク・スミス

Photo by FIVB

若いチームを支えるベテラン。登録メンバー中最年長の30歳で、メンバーで唯一のオリンピック経験者でもあります。身長204cm、最高到達点360cmの高さからのスパイクは強力です。日本の柳田とはポーランドとドイツでチームメイトでした。ご覧のとおりイケメンです(笑)。

この他、25歳ながらすでに代表歴10年弱のベテランリベロのペリーやポーランドリーグでも活躍した205㎝の長身セッタードサンジなどポテンシャルの高い選手はそろっています。またキャプテンのモーテの独特の髪型にも注目ください(笑)。

普通にやれれば勝てると思うけど油断は禁物

オーストラリアはまだ1試合で2セット以上取ったことがなく勝ち点もありません。日本は普通にやれば負けることはまずないでしょうが、常に油断は禁物です。特にセッターを含め高さは十分にあるので、相手のブロックには気を付けたいところ。油断せずにいきましょう。

また試合時間もいつもより1時間早いので油断せずにいきましょう(笑)。

試合時間:9日(水) 19:00~(日本時間)
※ライブ配信の視聴方法は下記記事をご参照ください。

「バレーボールネーションズリーグ2021」ネット配信の視聴方法について!
先週火曜日から女子大会、そして金曜日から男子大会が開幕したバレーボール・ネーションズリーグ、通称VNL。テレビ放送もやっているようですが、主にBS-TBSでの録画放送なので「BS契約してないから見れない!」という人や「BS見れるけど生配信を見たい!」という人は多いのではないでしょうか。そんな不満を消してくれるのが、Volleyball TVによる公式ライブ配信サービスなわけですが、こちらのページが全部英語で日本語に対応していません…。 Volleyball TV そこで今回は、そんな英語はわからないけどネーションズリーグをライブ配信で観戦したい方に、Volleyball TVでの観戦手順を解説したいと思います!

BE PART OF THE GAME! → Volleyball Nations League 2021

コメント

タイトルとURLをコピーしました