ポーランドで大きい背番号が流行ってる件

ポーランドで大きい背番号が流行っている。今年のワールドカップをよく見ていた方はお気づきになったでしょうが、ポーランド代表には一瞬目を疑うような番号をつけた選手が数人いました。その中でよく試合に出ていたのは77番をつけていたMBのクウォスですが、彼以外にも同じくMBのフベルが99番をつけていたり、シムラが95番をつけていたりしていました。

この大きい背番号をつける流れは国内リーグにも来ています!そもそもポーランド1部リーグのプルスリーガでは2017/18シーズンまで背番号は1〜20からしか選べませんでしたが、昨シーズンから1〜99までの中から選択することが可能となりました。そんな中で大きい背番号の選手第一号となったのが古賀選手のチームメイトであるザビエルチェのセッターで77番をつけたマスニーでした。

Numer 77! Siatkarz z Zawiercia pierwszy wykorzystał zmianę przepisów
W zbliżającym się sezonie PlusLigi i LSK dojdzie do kilku istotnych zmian w przepisach. Jedną z innowacji będzie numeracja na koszulkach. Zawodnicy będą mogli w...

77番のマスニー

しかし昨シーズンに21以上の大きい番号をつけていたのは6チーム7人のみでした。しかし今シーズンはその数がなんと11チーム31人にまで激増!空前の大きい番号ブームです(笑)。その中から何人か紹介すると、今年から国外リーグ進出を果たしたオルシュティン所属のイラン代表MBのセイエドは66番。ワールドカップでも活躍したスヴァウキ所属のアメリカ新鋭セッタートゥアニガは91番。またポーランド代表のフベルは所属チームスクラべウハトフでも99番をつけています(チームメイトのクウォスは77番じゃなくて6番(笑))。

66番のセイエド

91番のトゥアニンガ

99番のフベル

こんな大きい番号の選手を探すのも今シーズンのプルスリーガの楽しみ方のひとつですね!!!(笑)

写真:FIVB, PZPL

コメント

タイトルとURLをコピーしました