試合レポート

パリ五輪出場決定!若手中心セルビアに3-0で快勝【バレーボールネーションズリーグ女子】

バレーボールネーションズリーグ2024女子大会第3週福岡ラウンド、日本代表は現地時間6月15日(土)にセルビアと対戦し3-0(25-22, 25-18, 25-15)で勝利した。

スターティングメンバー

日本

OH:古賀(14)、石川(17)
MB:山田(8)、荒木(1)
OP:林(10)
S:岩崎(3)
L:小島、福留

途中出場:MB宮部(4)、OP和田(1)、S関、OH田中

セルビア

OH:ミヤトヴィッチ(9)、イヴァノヴィッチ(6)
MB:マレセヴィッチ(5)、チクッチ(6)
OP:ブキリッチ(13)
S:ペロヴィッチ(1)
L:ゴチャンニン

途中出場:OHツヴェトコヴィッチ(2)、OPヴィダチッチ(1)、OHチチャ

※ポジション:OH=アウトサイドヒッター、MB=ミドルブロッカー、OP=オポジット、S=セッター、L=リベロ

※()は得点

TOSHIKI’S MVP

OH石川真佑

17得点(うちサーブ2)、アタック効果率36%

軟硬織り交ぜた攻撃でチーム最多得点をたたき出しチームをけん引。アタックだけでなくきわどいコースをついたキレのあるサーブでも観客を魅了した。

1セット目は苦しい場面もあったが、特に2セット目以降は2日前のカナダ戦での悔しさを払しょくする素晴らしいパフォーマンスだった。

試合解説

オリンピック出場候補メンバーと監督のいないセルビアに対してしっかりストレートで勝ってみせた。

1セット目はセルビアがOPブリキッチを中心に得点を重ねるなどして競った展開となった。しかし終盤にOH古賀のスパイクなどでブレイクを決めた日本がそれを取りきると、2セット目以降は日本のサーブが走り、持ち前のディフェンスからの切り返しからクイックやバックアタックを含めた多彩な攻撃でブレイクを重ねて終始日本がゲームを支配。

そのまま2セット連取して快勝した。

前回のカナダ戦では試合後半になるにつれ日本の攻撃がレフト一辺倒となってしまい苦しい展開となったが、その反省を踏まえてか特にこの試合はミドルのクイック、ライト攻撃、パイプ攻撃、さらにはライトからのバックアタックとレフトエリア以外からの攻撃を積極的に行っていたように感じられた。

そして序盤からそうした種を蒔いておいたことで、試合終盤ではレフト攻撃がいつも以上に効果的に決まっていた。事実、1セット目のOH古賀のアタック効果率が36%、OH石川の効果率が17%だったのに対し、3セット目はそれぞれ60%、50%と非常に高い数字となっている。

状況が多少苦しくなるとしても、試合序盤からレフト以外の攻撃、特に真ん中からのクイックやパイプ攻撃をいかに相手に印象付けられるかが、そのあとの試合展開を楽に進められるひとつの要因であることを証明できた試合になったと思う。

高い打点からのクイックとセッター背面からのパイプ攻撃(女子代表の用語では「ジェット」)はとても効果的だと思うのでどんどん使っていきたい。

見事なストレート勝利だったが、試合開始前にすでにパリオリンピック出場を決めてしまっていたので、試合に勝って歓喜に包まれるシーンを見届けることができなかったのは残念だった(笑)。

しかし、昨年の五輪予選での敗退からしっかりとここまででオリンピックの切符をつかんでくれたのは素晴らしい。これでバレーボール日本代表は男女ともにパリへ行く。

男女ともに自力出場を決めたのは2008年北京五輪以来。男女ともに2季連続のオリンピック出場は1972年のミュンヘンと1976年のモントリオールのとき以来48年ぶり。すごい。

またVNLのファイナルラウンド進出も決まった。ここでオリンピック本番に弾みをつけてほしい。

しかしその前に予選ラウンドの最終アメリカ戦が待っている。

ここで勝てれば世界ランキング5位となる可能性もあり、そうなればオリンピックの組み合わせが有利になる。またアメリカはセルビアと違ってオリンピック本番に出るメンバーで福岡ラウンドを戦っているので、改めて日本の実力を占うよい機会にもなるだろう。

詳しい試合のスタッツはこちら

ハイライト動画

順位表(6/15終了時点)

VNL順位

1. ブラジル 11勝 31P ★
2. ポーランド 10勝 30P ★
3. イタリア 9勝 28P ★
4. 日本 8勝 25P ★
5. トルコ 8勝 25P ★
6. 中国 8勝 23P ★
7. カナダ 7勝 20P

8. アメリカ 6勝 19P
9. オランダ 6勝 18P
10. ドミニカ共和国 3勝 10P
11. セルビア 3勝 9P
12. タイ 3勝 7P ★
13. フランス 2勝 8P
14. ドイツ 2勝 6P
15. 韓国 2勝 6P
16. ブルガリア 2勝 5P

※上位7チームと開催国(タイ)がファイナルラウンド(6/20~23)に進出

★…ファイナルラウンド進出確定

世界ランキング

1. ブラジル 389.93 ☆
2. トルコ 383.93 ☆
3. ポーランド 373.60 ☆ 
4. イタリア 372.33 ★
5. アメリカ 349.10 ☆
6. 中国 341.85 ★
7. 日本 331.62 ★
8. オランダ 302.87
9. セルビア 291.04 ☆
10. カナダ 284.76
11. ドミニカ共和国 254.58 ☆
12. ドイツ 209.04

19 フランス 166.98 ☆
20 ケニア 162.42 ★(アフリカ最上位)

※VNL予選ラウンド終了時点でアジア最上位、アフリカ最上位と既にパリ五輪出場権のある国を除く上位3か国がパリ五輪出場権を獲得する

☆…開催国および五輪予選で出場権を獲得した国

★…VNL予選ラウンド終了後のパリ五輪出場確定

次戦情報

vs アメリカ

6月16日(日)18:45~(日本時間)

テレビ放送

地上波TBS系列(生放送18:30~)

TBSネーションズリーグ特設サイト(テレビ放送予定などを確認できます):https://www.tbs.co.jp/volley-nationsleague/

ネット配信(LIVE)

①VBTV(英語、有料): https://www.volleyballworld.tv/home

②U-NEXT(日本語、有料)

下記バナーをクリックして無料トライアル👇

ネーションズリーグのネット視聴に関する詳しい解説はこちら↓

Photo: FIVB

-試合レポート
-, , , ,